お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

明けましておめでとうございます

_太子堂の幟

今年も、寺アミューズメント・信貴山/朝護孫子寺へ初詣。
(写真は、陽が昇ってから一時間後くらい。やっと雲が切れたところ)
_朝護孫子寺鳥居2015
出かけたのは、一昨年と同じくらいの時間。
もう寅年以外は混まないのを知っているので、余裕の出陣です。

_空鉢堂から
去年、友達と一緒に行った時同様…曇りで、陽が昇る瞬間は見られんでした。
でも、今年はお堂に入らしてもらって、般若心経一巻あげさせてもらって
いつもよりマシ?に御詣り出来たのでよかったです。
(写経や石鎚神社通いでとうとう覚えましたよ…いくつかの御真言も覚えたし。
神さん仏さんにお土産持って行けるようになったんはよかったな)
今年気がついたけど、空鉢さんにも「空鉢講」という、“講(コウ)”があったようですね。
今もあるのかもしれない。
一昨年も去年もだったかな、来てはったんですが、お堂の中に入って、
入口を閉めて(私は開けたままでした)、熱心に御詣りしている方が
いましたからね。
一願成就の空鉢護法なので、何か重大な願かけをしてはるんでしょうね。
結願・満願成就して、鳥居を奉納できるといいですねえ…

_行者堂
こちらには、役の行者さんが祀られています。
南無神変大菩薩。

数度書いておりますが、信貴山・朝護孫子寺は、寺アミューズメントです。
立体曼荼羅なんでしょうね、もういっぱい色々お堂がありまして、
全部回ろうと思ったら、二三日欲しい感じで、私もまだ全部を参っては
おりません。
大抵、いつも回るのは空鉢さん、本堂(毘沙門天さん)、からの回壇巡り、
行者堂、融通さん…あたりです。
(方向音痴なので、毎回順番ばらばら…)
で、今年は今まで行った事がなかった、開山堂の方へ行ってみました。
冒頭の幟のあるお堂。階段を登ります。
朝護孫子寺に階段を登らんとこなんてないんですが(笑)

ここがまた面白かった!! こんなとこもあったのか!!

…入口あたりの事務所?にオバさんが待機しているのですが、
本来、そのオバさんが詳しくガイドと参り方の作法を教えながら
一緒に回ってくれるらしい…のですが、その時は。

ガラッ と小窓が開いて、
「あらいらっしゃい! どうぞ(お堂の)中に入ってみてくださいね〜
 拝観無料ですよぉ」

と促して、寒いのか、また窓を閉めはったので、そうか、無料か!!
これは参らなければ!!
ーっと何やら小枝のパラダイスみたいな雰囲気になってしまい、
入らせてもらいました(パラダイスちゃう。アミューズメントや)。

いやー、すごいです。お砂踏みと言うのが出来るのですが、
四国八十八ヶ所の、寺社の名前が順に彫られた石畳がお堂の中に
敷き詰められて、立体曼荼羅になった各八十八カ所ご本尊が
空中に浮いてるみたいな仕様で祀られていて、お札まで蒐集出来てしまう。
(今回は、周囲を巡ってみただけでしたが)
ロウソクは浮かべてみました。水に浮かべるロウソクというのがあるのです。
白と黄色とあって、それぞれご利益が違い、両方浮かべると、
御利益倍増とかで、二つ。なかなか巧く火がつけられて、
奇麗なもんでした。
これはいい、次はここを重点的に参ってみようかなと思いながら
お堂から出ると、またオバさんが ガラッ と小窓をあけて、

「ごめんねえ、ホントは私が一緒に説明しながら御詣りの仕方を教えなきゃ
 なんだけど、友達から長いメールが来てて…この人メール長いのよぉ
  私ね、長いメールの人には、長いメールを返す主義なの。
 また御詣りに来てくださいねえ」

し ら ん が な (´Д`;)

まあ何しろ、また行こうかなと思っていますが、一人でそのオバさんに
横からあれやらこれやら言われながら参るんいややな…(笑)
ごっつ疲れそう…

_甘酒ーっ

実際、今年は暮れからの疲れがたまってもいて、いつもはお土産センターが
開く9時ごろまでぶらぶらしてるんですが、今回は早々においとまして、
開運橋のたもとにあるお土産屋さんで甘酒を頂きました。
甘酒は、外せない…

でも、暮れからこっち、イヤに夢見がいいので(光ったり昇ったりすんのよ)、
2015年はちょっといい年になる?
もう「ようなるようなる詐欺」ではないぞ。(?)