お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

急にリセットしたくなる病

ここ数年は、どうにかこうにか乗り切ってたんだけども。

ワタシ、春頃とか、春が無事でも秋頃とか、
急に何もかもリセットしたくなる性癖?があるようで、
今度のは久しぶりにデカイ「発病」でありました。

漫画家には、ずっとなりたかったから、また
せっかくそれっぽくなってきてたから、
意地でも・・・という気もあったかもしれん。
それでなんとか保ってたような形。

でも、「こればかりはゆずれない」という何かが、
他のこと(マンガ以外のこと)より一層強くて。
意地さえ維持出来なくなりましたとさ。はあ・・・
どこまでも勝手な話。

去年の夏だ、単行本フイにされた時に、なんかがキレて。
「あ、こりゃもうだめだな」となったんですわ。
ところが、この時点で既に
---これは有難いことでもあったんですが---
マンガのシゴトが入ってた。
初めての、原作付きのシゴト。
打診があった時は、不安ながらもやってみたくはあったので
それこそ喜んで引き受けまして、やり始めておったのです。

連載切られた時も、まあ相当凹んだのはあったんですが、
これ、ホントにワタシの成績が悪いからだけのことではなく、
それなりの手応えもあったけど、半分はピンチになってた
向こうの都合で切られたわけで、まだ救いはあった。
自分で自分をフォロー出来る、多少の余裕があった。

けど、突然休刊→単行本消失の方は、正直、すんげー辛くて。
それでなくても保つのが大変だったモチベーションが
底が抜けんばかりに落ち込んでいて。

実は、こんな「ほぼ決まっていたことがフイになる」なんてのは
この業界では日常茶飯事(そんな話は固よりよく耳にしたし、
お世話になってるある作家さんにも諭されたりした)です。
それなのに、なんとワタシは打たれ弱いのか、と。
そっちの方でも自己嫌悪になり、二重にキツかった。
でも、受けたからにはほっぽり出す訳に行かん。

それで、なんとか仕上げることが出来たものの、
締め切りは随分待ってもらっての納品。
枚数があったより、ぶっちゃけ精神的にえらかった。

その後、一ヶ月ちょっと置いて、また同じ類いの依頼を貰って。
やっぱり有り難しと受けてかかったものの、まだモチが
どうにもあがんない。いつもの感じ、ヨロコビみたいなのが
どうも・・・いまひとつ。

・・・こんなんじゃどーにもならん・・・
で、ここでも休業を実は考えたんです。が、
有難いことに、ホン、すぐに次をやらせてもらえることになった。
いつもどちらかいうと事務的で別段何もいわない担当さんが
(それは特に苦にならず、かえって有難かったが)
珍しく読みやすくてよかったと褒めてくれて、
そう言われちゃ・・・とお受けしました。

それが、最後のシゴトになったやつです。

しかし、最後まで。
しつこいくらいに去年の夏の件がしこりになってて、
「こりゃだめだ」感の中でやってしまって。
遅々として進まない・・・自分でもいい加減にしろよ!
って思いながら、ホントにしんどくなってしまったのでした。
ホンマは、六道輪廻図とかタントラなんかも、トレスしてでも
手で描くつもりだったんですが、時間がなくなってしまった。
(許可されてても、写真を取り込んでそのまま使うのは
気が引けて、なんだか不愉快で仕方がないんです)
余談ながら、あの資料は自分が個人的に持ってたもので、
たまたま学研さんの本でした。
同じシリーズの本を、好きで何冊か持ってますです。


そんなこんなでもう、酷く落ち込んでしまいました。

これ、定期的に頂けることになってたんです。
でも、もしまた貰えても、今度はもっと酷いことになってしまうかも。
それこそ、最悪の事態に陥るような(つまり、落としてしまう)。
こんなじゃ続けて行ける訳がない。
折しも、家の方でも、父がそろそろ引退を考え出して。
3ヶ月に一度の収入じゃ、とてもじゃないがやってかれない。

丁度シゴトのとぎれた、今が引き時なのだ、と、
何か悟ったような気がしまして。
自分の中では既に昨年夏からの懸案だった
“「ゑびす屋ぼん子」って看板を降ろすこと”を
実行することにしたのでした。

リセットでもせんと、どーにもならんくらい、
疲弊しちまってたんでしょうね。
ホントに打たれた弱い自分に、我ながら愕然としてます。

休んで寝ていられりゃいいけど、それも出来ないんで
違う職種でも働きに出んけりゃというところです。
しかし、おかしなもんで、「やめたっ」と決めてから
妙に描きたくて仕方がなくなり、ぼつぼつプロットやら
キャラやら描き出してます。
PNも不意にこれがいいやってのが浮かんで。
食い扶持を探しつつ、マンガの方は少しゆっくりやろうと
思います。

シゴトをまわしてくださっていた某編集部のmさんには
ホントに申し訳ない。すみませんでした・・・
まったくどんだけヘタレなんだろね、ワタシ。
COMMENT
頑張って下さい!!
今見てびっくりしています。
でも再スタートと言うことで次なるゑび庵さんの活躍を
期待していますよ!!
私もいい年なので(笑)、人生の折り目折り目にいろいろ
ありましたが、なんとかやっています!!
お互いに前向きに頑張りましょうね!!
>マクノスケさん
力強い応援有難うございますm(_ _)m
急になってしまったんですが、書いたとおりで・・・
わりと早いうちに考えていました。
もう、こうと決めたら曲げらんなくて。
どのぐらい「漫画家」を休む事になるかは、ちょっと
わかりませんが、前向きに行きたいと思います。
ほんとに感謝です。
こんちは。
ええええ、と驚いてしまいました。

そんな急に!と思ったけれど、それは私たち第三者が
外から見た勝手な意見ですわな。

実はウチのダンナも休職&求職中ですわ。
(47歳なんだけど、ホントないね、職・・・。)
ここは私が頑張らなあきません。
お互い次の就職、うまくいきますように!
ホントびっくりですよぉ
新しい旅立ちですね。頑張って!
ホント、いろんなことある世の中ですから‥‥

これからの道がいい方向に行くように願ってます。
私自身、いまの自分の道がいいかどうかわかりませんが(笑
>ケロさん
うー、ごめんなさい。
とにかく、いろいろと思うところがあって・・・
決めたのは急っぽい、つか急でしたけど、
前からなんとなくこのままじゃこりゃだめだと
ずっと思っていたもので。

ほんと、有難うございますm(_ _)m
>Rucaちゃん
ねえ・・・(苦笑)
流れを大きく変えて行きたいとかそんなこと思ったりで。
ずーーーーっとロクデモナイ流れが断ち切れずにいたんで。

どんな道に寄っても終点は同じだと思っとります。
えええ~~。残念です
忙しくてネット徘徊も自粛していたんですが、ぼん子さん、どうしてるかなぁ・・と思って覗いてみたら・・・
胃にドスンと来ました・・・

本当に商業誌で食べていくまでの取っ掛かりがないと不安にかられますよね。
仕事があってもいつ無くなってもおかしくない世界ですし。
しかもぼん子さんは一人で家族を養っていかなければならない責任も重なってしんどかったですよね。
すごく偉いですよ。

でも漫画家といっても漫画一本だけで食べている人ばかりで
もないし、他の仕事をしながら人間の幅を拡げつつ、いつかまた自分の作品に生きてくることがあると思います。
あんなに漫画を描くことが大好きなぼん子さんのことだもの。
きっと「描きたい!」要求が溢れて来て新作への力になっていくことと思います。

今は心身共に疲れているでしょうが、別の世界に身を置いて
リフレッシュしてください。
>みえるさん
いやはや、そーゆうわけでして・・・(^^;

こうでもしなきゃ、建て直せないな、てんで。
元々、居場所らしい居場所もなかったんで、そーいう意味では
途中下車が楽でよかったです。

逆に言えば、乗りたくなったらどこからでも、潜り込めるかなと。
勤め見つけて生活の方確保しながら、腕は磨いときます。
・・・ネタを纏めて巧く構成する力とか。
だめだめだったもんなあ・・・

あったかいはげまし、有難うございました!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user