お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

飴ちゃんが、わく。

深夜ちょっと愚痴ってしまいましたが・・・

当事者とチャンとカドが立たない程度にお話してきたんで
スッキリしました。
ホントに堪え性がなくなってます(笑)

でも「溜め込んで溜め込んでブチ切れて」という悪循環に
陥らずにすむんだからいいことだという自己判断。
昔のワタシはそうだったんで・・・

そんなわけで、今日はちょっと和んだ話。

前に会社の飴ちゃん補給係(笑)をしているてなことを
ちらっと書きましたが、夏場は、よくその飴が熱で溶けて
ベタベタになったりしてました。

これを、地元の言葉で「飴がわく」と言うんですね。
ほか、固形物の表面が同様に熱でちょっと溶けた状態も
「わく」「わいてる」などというんですが、
古い言葉ではあるみたいで、地元の者でも若い世代には
通じなくてナニが沸騰してるんだ?と思うようです。

でも稀に若い世代でもその言葉を使う子がいて、
若者内で「言う、言わない」の議論になっていたらしく、
たまたま年配の人と談笑中「夏場は飴がわくからなー」
との言葉がでて、それを聞いていた当人はすこし興奮気味に

「ほらっやっぱり『飴ちゃんわく』ってゆうやんけ!!」

まわりは一応「へーそうなんか」と納得。

・・・しかし聞いてて噴きそうになりました。
青年が、ムキになって・・・かわいいやん。
また、「飴ちゃん」やし。
若いニーチャンでも、素で「飴ちゃん」言うんですネ。
地元では半ばあたりまえなんですが、ふと客観的(?)に
なってみると、なんか可愛くて笑えて来ます。

飴ちゃんは、わいても職場の潤滑油にもなってます(笑)
・・・多分。

因みに、バフ研磨の際使う、固形研磨剤、
これも夏場、「わく」。
やわらかなりすぎて、ものすげえ減るの早いので気を使います。
COMMENT
お邪魔いたしますv
おはようございますバネウシです!

伊豆から西には行った事がない私には
本当に未知なのですが
関西方面の方々の言葉ってとても楽しいですね。
りみ様に教えてもらった「へこまわり」とか。
「飴ちゃん」ってテレビでもよく芸人さんが言ってたりしますが
なんかホントに可愛い言葉ですねv
ついつい私もたまに使ってみたりします;

あちらにもコメントしてしまったのですが…
アコムさん素晴らしかったです~v絵もお話も凄い…!
a-893号さんいいなぁ。すっかりファンになっちゃいましたv

歳のこと…
ゑび庵さまのお歳は十二支のイラストで
ほんのり暴露されてましたよね~v
はい~!もちろん私も30代です!
…力強く宣言することでもないですね;
えーーーーと…リス…ゴホッゴホッグハァ!あら咳が;

私も手ブロ始めてみたのですが…
お友達申請していいですか?
もう本当にあのツールには馴れなくって;
(新機能の方でも;)なかなか描けないんですが…
コメント欄とか小さい所でも皆様綺麗に描かれていて
本当に凄いです!;
(もちろんスルーして頂いてもいいです!)

長くなってしまいましたね;…スミマセン!
失礼いたします~!
>バネウシさん
いらっしゃいませv

うちらの地元に限らず、土地土地の言葉って、
ほんとに面白いと思います。
故・高橋竹山の「津軽三味線ひとり旅」という本は、
口述筆記なので青森の言葉で綴られていて
とっても味わい深いです。あの言葉、
マスターしてみたい・・・あれも、津軽と南部で
全然違うとか、方言って奥が深いです。

大阪府内でもこまかく違いはあって、うちの地元は
中河内というのになるそうです。
因みに「へこまわり」は、うちの方では聞いたことが
ないです。

私の歳、あちら投稿サイトでは非公開にしてますが、
バレても全然かまいません。
もー上げてるネタでたいがいバレバレなとこありますし(笑)
2期鬼太郎が放映された年の生まれです。
だもんで、これの「再放送」を散々見てきたわけです。

バネウシさんは、まだ前半、なんですね。
四捨五入しても大丈夫みたいな・・・(するな)

手ブロはじめられたのですね!
やりだすと、アレはハマりますよ・・・(笑)
「友達機能」、目下のところ使用してなくて、
今後も多分使わないので、普通の「おきにいり」で
大丈夫だと思います。

てか、有難うございますv
いろいろとお疲れさまです。
ヘタに溜め込むよりは、ストレートに言えるだけのことは言って
すっきりしたほうが良いですよね。

その点、年齢を重ねたぶん、りみは随分とずっこくなったかも(^^ゞ


それはさておき、今回も飴ちゃん話につられました(笑)
「飴ちゃんがわく」言いますよ~。
りみはもう、若くはないですけどw 若い頃から言ってました。
そういった言葉の言う言わない、の話は盛り上がりますよね。
ムキになる若い兄ちゃんかわいいvv
そういう言葉は、親兄弟が使うと伝承されるんでしょうね。

全然関係ないですが、鶏肉の「かしわ」
関西では普通に使われますが、うちの親はあまり言わなかったので
りみも鶏肉は「鶏さん」で、「かしわ」とは言いません。
なので、うちの子もきっと、鶏肉=かしわって知らないでしょうね。
教えとかないと(^^ゞ
他所では「鶏さん」だの「豚さん」だの言わないことをw


昔は職場で、今は家で相変わらずも変わらず飴ちゃんの管理をしていますが、
毎度いくらかはわかせてしまいます。
黒いペンギンの頭の容器が密封じゃないから、というわけでもなさそうです。
飴、わきやすいのと、わかないのとありますよね。
純露とかカンロ飴とか、お茶の飴とかすぐ変になっちゃう。
花粉症用の飴はあんまりわかないです。

袋から取り出せないくらい変質しちゃうと泣く泣く捨てちゃうんですが、
わいたのはわいたなりに、口の中でわいて変になったところを
綺麗に整えながら食べるのが好きだったりするんですよ♪
他人にわからないところで、ものすごい頑張ってます。
歯と舌が。
上手いこと硬いとこが出てきてつるつるになると嬉しい♪
失敗すると、ふにゃふにゃのまま消えてなくなります・・・


「へこまわり」ゑび庵さんのトコでは言わないんですね。
りみは生まれは大阪(吹田)ですが、うーんどうなんだろう。
普通にそういう名前の遊びだと思っていたので、
「周り将棋」なんて聞くと、なんか難しそうで高尚な遊びのようです(笑)

言葉ひとつで随分と印象も変わって面白いです♪
>りみさん
どもです(^^
ホント、年重ねたせいなのか、ちょっとだけ
「無敵の河内のオバちゃん」に近づいたのか?という
カンジです(^^;

わきやすい飴というと、黄金糖なんか、
すっげえわきますね(笑)
やりますやります。
口の中でツルツルになるまで根気よくなめます。
でも、乳白色になるぐらいわいたのは、フニャフニャ
とおりこして口の中でボロボロに・・・
なんかザラメみたいになりますよね。

あと、うちでなめるのに買った「男梅」って飴が、
チビチビ食べてたら一袋食べるのに一夏中かかって、
室温でわいて小袋にくっついてしまい、最後の方
出すの難儀しながら食べました。

「かしわ」は祖母がよく言ってました。
普段は、こちらはフツーに「トリ」ってゆってます。
豚肉は「ブタ↑」、牛肉は「ニ↑ク↓」です。

りみさんのお生まれは吹田ですか。
摂津国になるのかしら・・・
うちは「回り将棋」だったんですが、ルールはすっかり
忘却してます・・・(笑)
ああいうの、遊び方も地域によって微妙に
違ったりするんですよねー。面白いです。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user