お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

カイゼン

若干、飛び火もしとるようですね、例の、
小学館を相手取った「原稿紛失訴訟」。
ぽつりぽつり、そういえば・・・とか、いや、自分も・・・
なんて経験談を出す人も出ている模様。

ところで、私は目下、所謂「製造業」の中小企業へ
勤めさせてもらってるが(マンガは全く関係無し)、
製造業の用語(?)として、「改善(カイゼン)」という言葉があるそうで。

読んで字の如くで、「どうすれば、より良い職場環境になるか」
「生産効率が上がるか」など、現場から声を発して、
小さな、身近なところからでもコツコツとアイデアを出し合い
実行し、生産現場から会社全体へ浸透させていこうという、
ボトムアップで好い方向に変えて行く運動を言う様です。

マンガ(ひいては出版業界)の現場も、こーゆうことを
そろそろやって行かんとイケナイ時期に、いよいよなって来たって
事ではないのかな、と愚考致す次第です。

漫画家て、発注先ということになるんやが、
会社に属してる編集の方からもなんぞ意見がないもんか。
変えて行かんとマズいと思う人間おらんのか?
特に、デカイ会社。

私の知る限りでは、いるにはいる。

んでも、
「言ってももうだめだよ」
「そんなもんですよ」
「よくあることだしなあ・・・」なんていう、
半ば以上諦めモードの中で、愚痴を言うのみ。

愚痴を言いたいのはコッチの方(笑)なのに、編集さんに社内的愚痴を
聞かされる事が後になって増えてました。

そーゆうの聞いてると、編集業も漫画家とはまた違った方向で
しんどい仕事であるなあと考え込んでもしまいました。
マトモな仕事してる編集は、実際激務で、超過労働気味に思えます。
フツーの会社じゃ考えられん。

夜中近くに電話しても、バリバリ勤務中、
フツーに電話に出て、まさかと思ったがまだいてはるんですか!?と
思わずゆうてしまったこともあった。

一人の人間がいっぱい抱え込み過ぎてたりね。
何人ものレギュラー作家を担当し、持込みの窓口もやりーの、
読者からの問い合わせ窓口やりーの、ナントカ賞の事務局もやりーの、
もうね。過労死するわ、普通に。って思うようなね。

真面目な人はちゃんといてるんですよ。

私がバイトしてた、A書店の週刊少年誌の連載作家さんの担当さんは
実にマメな人で、取材写真を撮りに遠くまで行ったり、
週に一度はアシの分まで菓子折り持って応援にも来てはった。

締め切りギリギリで、後輩編集連れて写植もって来て、
先生の仕事場で写植貼りしてるの見た時は
「ホンマにそんなんするんや・・・」と感動もした。
(おーそんなシーンマンガで見た事ある! みたいな・笑)

先生の連載が終わって、その人別の雑誌に異動になったそうやけど、
ああいう人は出世してて欲しいなあ。

でも、そーゆう人ばかり割り食っちゃって、
結果、ワシみたいな力のない泡沫にまでつい愚痴をこぼす
ことになってしまうんだろうね。
上に意見言ったところが通んないし。
閑職に追いやられるよーな事もあるみたいだし。

そーゆうバカンパニーは出版社だけに限んないのはわかってるけど。

奇々怪々なる永田町もかくや・・・というような状態の、
変に官僚体質みたいになってる編集や、そんなのいっぱい抱えた会社は
船場吉兆にならんうちに、「カイゼン」考えたがいいと思います。
ホント。

口で言うのは簡単やし、絵に描いた餅は食えんけど、
うやむやにして、コップの中の嵐だ喉元過ぎれば・・・なんて
思ってたら、ほんま近いうちにエラい事になりますわな。

読者は「会社」に付いてるんじゃないんだぜ。
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user