お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

時代の流れ、ね・・・

朝日ソノラマ、9月に営業停止 「時代の流れに抗し切れず」

河は逆さに流せない、か。
こーゆう流れは加速が付くと、矢鱈滅多ら速くなる。
ソノラマ、好きやってんけどなあ・・・

うちにはサンコミの『猫又』『怪奇死人帳』
サンワイドの『ゲゲゲの鬼太郎(全8巻)』『河童の三平(全3巻)』
『東海道四谷怪談』
(以上、全て水木しげる)があります。

前々からね。思ってんですが。
TVが普及し始めて、紙芝居が消え、貸本が潰れ・・・
週刊マンガ雑誌が急激に増えたという時代に、現状、似た感じだな、と。
何か新しいメディアが普及し始めると、子供の娯楽が一つ消えて
・・・「消えて」というよりは、一部のマニア(オトナ)のものに
変化して、全体としてその数が減るんですが。
(今、「熱血!コロコロ伝説」という“オトナのコロコロコミック”というのが
出てますが、それをみても、ああ来たねえ・・・と思った私はペシミスト)

当時、貸本業界が傾きかけて、商業雑誌に乗り換えざるを得なくなった
貸本漫画家が(水木しげるもその一人)多数あったといいます。
そして、生き残れたのは、ほんの少しだけだった。

PCやモバイルの普及と、TVの、地上デジタルへの切り替え。
マンガも、デジタル化が進んでおります。
Webマンガも、増えてます。
まだまだ黎明期なんでしょうが、これからどーなって行くのやら。

現在は、漫画家(だけでなく、出版に携わる多くの者)にとって、
大変な転機の時代なんだと思います。

遠からず、ガラっと変わるぜ、いろんな所が。
作業工程やら、出版形態、配信形態、賃金の支払い形態やら・・・諸々。

今までのやり方は、通用しなくなる。

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
(漱石『草枕』より)

・・・えらい時代に漫画家やり出してしもうたもんだ・・・
つくづく。ホントよ。

奇しくも私の最初の「連載」は、「モバイル配信」(これは地盤がゆるくて潰れたが)で、
初の「単行本」が、「オンラインコミックス(電子出版)」だったんですが、
なんだか、意味深な気がしないでもない。
というより、ただ思いっきり捲き込まれちゃってるだけですな。

越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、
寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。
(同上)


・・・と、こうくると、カッコイイんやけどね。

# なんか、いろいろ「言い切って」しまってますが、
 あくまで一つの個人的見解ということで。
 他の意見もあるかと思います。
 つーか、あってほしい。
 んでも、その「変化」が必然である場合もまあ、ある訳で。
 その時はそれに対して柔軟に動けるだけの心の余裕は
 必要なこってしょうね。臨機応変ってヤツでさあ。

 私は頑固者に思われがちですが、案外、変わり身も早いです(笑)
 っても、人には言わないが、これでも信念ってものがあるからねぇ、鬼太ちゃん。
 むふふふ。

拙ブログ内関連?記事 : 「因果」
COMMENT
マジで!?
びっくりしたー!!最近ソノラマ文庫の出版数が異様に少なかったので、心配してたんですが・・・。
やっぱり大変やってんや。そりゃあBL本で有名な会社も潰れるわなー。
(最近色んな出版社がBLに手を出すから?)
私はひたすら「吸血鬼ハンターD」だけをっ!(笑)心配したんですが!朝日から出るんでホッとしましたー。良かった~♪
以前朝日ソノラマから出た「D」のカセットブックがCDで再販された時に、出版社に電話したらお姉さんの対応が非常に丁寧で優しかったのを覚えてます。感じ良かったのに、残念ですわ。
>光政くん
もー、なんかねー。
うちも昔「ネムキ」とか読んだりしてたんやけどねー・・・
BL本の会社で最近潰れたのって、ビブロスやったかな。
妹がよくそっから出てたアンソロ買ってたなあ。
BLだとかに限らずまあ、どこも厳しいようです。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user