お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

トビタK8キャラ設定紹介

k8-k8.jpg

●飛田京八(トビタケーハチ・K8)
主人公。16歳。スペックについてはコチラ。

超布市中石原在住(※架空の町です)。

荒唐無稽な能力を秘めた(破壊兵器から日用品まで搭載)
サイボーグだけど、メカ音痴で機械嫌い。
6歳の頃に父のシュミで常人度90%カットにされてしまった。
毎年の「大改造」に加え、今尚こまめにマイナーチェンジされている。
本人は、それがイヤでイヤでたまらない。

メカ音痴は母譲りだが、母が出て行く際、ケーハチを残して行く理由として
こぼした一言「母さんはメカオンチだから」が一因でもある。

趣味は三味線。
3歳くらいの時から旅の三味線弾きだった母に教わっていた。
三味線は母の影響もあるが、本人も好きでやっている。
父により改造人間にされてすぐ、母が再び放浪の旅に出てしまい、
以後独学で三味線を極めつつある。

サイボーグにされたあとの練習はかなりの苦労があったが、
それでなんとか平常心(?)を保てるようになった。
そのため、趣味というよりは寧ろ、三味線依存症に近い状態で、
常時三味線を側に置いてないとなんとなく不安になる。
日常生活に支障を来す。
ケーハチにとってそれは「ぬいぐるみのうさちゃん」みたいなものである。
また、ヒマさえあれば詩作に耽っている。

三味線については色々とこだわりもあるらしい。
撥は45匁から50匁くらいのサイズが好き。

師匠でもある母に対して若干のコンプレックスがあり、
そのためか、「年増好き」なところがある。
通っている学校の巨乳スクールカウンセラーに密かな思いを寄せているが、
天敵の今福鶴美に対してはツンデレ。

自分が「荒唐無稽」であることは、作中で一番分かっていて、
常に「市井(しせい)の人」でありたいと望んでいるが、
父を筆頭に、周りがそうさせてくれないので困っている。
周りはみんな、フツーに「からかうだけ」でいるので、何か納得行かない。
そうかといって、ビビられ過ぎても困る訳で、彼の悩みは深い。

ただし、彼が三味線を弾いて歌うと、近くにいる連中が
踊り出したりすることについては、別段異常だと思っていないところが
本人は気付いていない異常なところの一つである。

後にメカ音痴補正のための「支援ソフト」をインストールされるが、
質の悪いソフトで、それが起動すると人が変わったように
好戦的・挑発的になる。
歌を歌ってるつもりが超音波兵器になってたりして大変危険。
alloy.png
脱いだらこんな。
外装の継ぎ目に布が噛み込んだりするので、
あんまりピッチリした服は着られない。同じ理由で学ランの裏地は取ってある。
部屋着が甚平なのは、風通しが善いから。
苦労が耐えない。

# 改めて書き出してみると、ひでえ設定ですねこりゃ。かわいそうに。

今福鶴美飛田九八杉山兆子


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user