お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

ゾーン:天理市・石上神宮

ご無沙汰しております。
Cfpc7DuWQAA_Zsd.jpg
この4月10日に、ちょっと奈良県天理市まで足を運びました。
何を思ってか、てと単純なもんで。
その2、3日前、たまたまネット巡りしとったら、
鶏と神社の写真に遭遇。記事を読むと、なんと
ニワトリがいっぱいいてる神社があるとな!!
奈良なら近いやん、行きたい!!! ってんで、その週のうちにw

不勉強にして知らんかったですが、件の石上神宮(いそのかみじんぐう)、
日本書紀に伊勢神宮とともに記載されているという、日本最古の
「神宮」だそうで。さすが、奈良。
主祭神は、剣です。布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、
布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)に宿る神霊であると。
あと、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、十種神宝に
宿る神霊、他。 なんかカコイイですね。
神様の持ち物を主に祀ってあるんですね。

そして、ニワトリです。ワタクシ大好物ですよ。神社とニワトリて。

そんなわけで、前置きはこのくらいで、天理へ向かいましたが、
天理といえば、てんりんおうのみこと です。
天理教の“おぢば”、本拠地なわけです。
駅に到着して、驚きました。なんか不思議な雰囲気。アウェー感。

うち、来たことあったかなあ...、多分、初めてやと思ったんですが。
なにしろ、石上神宮に行くには、天理駅前の商店街アーケード内を歩き、
天理教本殿前を通っていくルートです。

その商店街なんですが、ほんとに天理教一色で。物珍しいというか、
異世界?異国?を歩くようで、不思議で仕方なかった。
ほとんど天理教グッズしか売ってないよ...すごいな。
駅前広場も、なんかこう、宗教都市ってよく言うたものだなと
思うたもんですが、行ったことないけどバチカンとかチベットとか
こんなんかなぁ、なんて。
すみませーん...おじゃましますーという面持ちで進みます。

何が不思議て、アーケードの街並みが、夢で見たことあったような...^^;
まじか。
(余談ながら、母方の祖母の実家は天理教なんですが、子供のころ
連れてってもらったのは、天理市ではなく兵庫県宍粟市内の教会...)

二つ目のアーケードを抜けたあたりで、天理教本殿が現れます。
天理大学もありますね。全部天理教施設。
すんごい立派で、一種独特な建物です。
若き松下幸之助が見たのはここの建設中やったんかな?

この天理の街を歩いている間、なんか後頭部?がチリチリするような
変な感覚がつづいていましたが、冒頭の写真にある標識から少し進むと、
「布留」という交差点表示があります。
石上神宮の所在地。布留町です。
その辺りまで来たら、またわかりやすく「空気が変わる」。

あ。てんりゾーンぬけた。みたいな。
(あ、わたし0感ですからね。そうゆうのよう感じへんのですが)
前置き二段構えかよ。以下本題。