お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

イラレ道

あっ12月やん!!

てなわけで、カオスな忙しさの師走の日々です。
怒濤の年賀状作成と、合間の様々な飛び込み仕事。
その中で、たまに絵シゴトが入るんですが。
昨日はイラレで、やたら食いものの絵を描いていました。

2013121413590000.jpg
2013121416330000.jpg
2013121418150000.jpg
2013121418160000.jpg
2013121419440000.jpg
2013121420260000.jpg
幕の内弁当は、自分的力作やけど、お気に入りはこんにゃくです。
いやあ、我ながら進歩したな!(笑)
4年前はこんなレベルやったのに、やっぱ実務経験っているね・・・

2.png
イマフクちゃんです。
しさしぶりにデジ塗りです。
なんかホンマ、ワシの絵て塗らん方がマシな気がする。

カイシャでは、あんなに苦手だったイラレが使えるようになって、
今では8.0からCS6まで、なんでも来いですよ。
CS6は、線にまでグラデかけれるようになりましたよ。要らねえ!!
閑話、というわけでパスきれるようになったから、ほとしょ塗りも
大分楽にはなりましたよ。
(ほとしょにペン機能があるのすら知らんとずっとやってたからな…)
こんなに便利だたのね、ベジェって。

ほとしょでも、それまで「色ぬるソフト」やったんですが、
カイシャでは写真の補正が主ですね。
傷消したり切り抜いたり補正したり。
やってると、つくづくほとしょてスゲエなと思います。
大概の写真がどうとでもなるもんな。「写真屋」というだけある。
もともと採用理由の一つは「ほとしょが使える」ってとこ
やったんですが、私の使い方は「色塗り用」しかなかったんで、
(しかも独学なんで、すげえ適当、つまり「実は使いこなしてない」)
カイシャいくようになってから、使い方の幅が広がりまして。
面白いです。

スケッチ難しいす

イラストレーターのヤマサッキ氏からのお誘いで、
奈良までスケッチ遠足に行きました。

スケッチなんて、もう20年来やってない。
(芸専の授業でちょっとやった程度…)描けるんか?と不安もあり、
楽しみでもあり。結構、…早い段階で
「上手く描こうなんて思わんと気楽にしよ」と決めました。
写生って考えも棄てる。もう、カンジだけ描く。
そんなカンジで、機嫌良く描いて来ました。

しかし、野外で描いてると、知らん人がいつの間にか
覗き込んでて「うわーステキですねえ」とか
話しかけたり、なんかアイパッドで写真撮らせてくれろと
言われたりで、そっちの方がビビりました…
名称未設定 1

距離感とか、空気感とか、なかなか出せません。
どのへんから描いたらええもんか、とか、見当の付け方でまず迷います。
とにかく
「決まった時間内に」
「決まった面積のなかに」
「目に見えてるあの辺からあの辺までを上手い事入れる」
これをやるのがいかに難しいか…
途中で時間切れ感満載の絵ができやがります。

最後は都合、8名(ほんまはもう一人来られる筈が、急用にて
帰らはった。残念…)で、奈良のおシャンティな呑み屋で
合評呑み会でした。
つきだし

店ん中川流れてたり妙にこぎれいで、突き出しがカゴに
5つ入って出て来たり、お高いんでないの(((;゜Д゜)))
と思いきや。美味くてリーズナブルでした。奈良すげえ。

スケッチはこんなでした。

なしょなる

m.png
去年からちょくちょくそれらしい事をゆうていましたが、
勤め人する傍ら、1年がかりでやってたシゴトのんが
今日発売なので、書いときます。
「週刊 マンガ世界の偉人」、朝日新聞出版さんの
所謂“分冊百科”の1冊です。

未だ、どういうわけで、ワシみたような退役軍人に…
謎なんですが、なんせ、納期が長かったのもあって、
シャチョに相談したら、「ええやん、やりぃな」と
ゆうてくれはったんで、受けました次第…
終盤はもう、PanasonicのCM聞くたびに青ざめましたよ。
3年ぶりやもんな、まともにマンガ描いたの。
(普通この手のシゴトは脚本支給なんやけど、資料のみ支給で
脚本、ネームからやりました^^;…難義しました)

松下幸之助さんは、自分で選択しました。
つーのも、実は10ン年前にちょっとマイブームやったことが
あったからで、上のラクガキもその頃描いたもんです。
んでも、当時はたまたま目にとまったPHP誌を買うて
読んだ程度で(長年宗教団体の機関誌かと思ってました^^;)
詳しくは知らんかったので、門真まで取材にも行きました。

また、うちの家は長年ナショナラーでもあったんで、親しみも
ありましたので…松下幸之助歴史館はかなり面白かったです。この懐中電灯うちにあったわー!みたいな。
て懐中電灯かよ。

未だに「ナショナル」ゆうてしまう、昭和生まれです。
親なんか今でも「幸之助さんが死んでからアカンわ」などと言う。
部屋のクーラーも古いのでNationalてロゴがありますよ。
めっちゃ赤字とか、パナソニーックとか、なんやかんやですが
頑張って欲しいです。
「こけたら立ちなはれ」と幸之助さんもいうてはるし。

ミュージアムに。
なんで二股ソケットのストラップを売っていないのか!!
とか、くだらないこと思ったりもしました。お土産によさそうやのに。
ミニナショナルランプ(LEDライトが入ってる)とか、
あったらかわいいんやけどな。

イラレK8

イラレK8
K8、裸+三味線。

服は来週やな(笑)
アウトライン表示にするとこんな感じです。

いやああああ

ピクチャ 4
目が疲れる。

イラレで遊んでます。
10年来の付き合い(笑)で描き慣れてるはずなのに、
なんかちゃうもん描いてる様な変な感じですね、イラレで描くと。
ピクチャ 5
目が疲れたので、いやそこまで本気に遊ばんでええがな、寝ようよ!
てので、途中で置いて、また続きは今度(笑)
気が向いたらまた明日やってんだろうな。

服は着せるのにそんなじゃまくさいとこまで描かんでええがな!
と思うのについオモロイもんで描いてしまうな。
小指は気にしないで。

お待たせばかりでm(_ _;)mもーちょっと・・・

200909231421000.jpg
ケータイ写真なんで、角度ついちまってますが(汗
後ろのほう追補するために、手前の丸1ページ描き直しちゅう。
掲載版とちょっと表情を替えて、感情の段階踏んでる感じ・・・

なんせ、紙幅が押してたんで。
もとから、自分的にはなんかもうひとつ足りない感が強くて、
モヤモヤモヤモヤしてました。

K8に関しては、この辺りのタッチで固定されてもたかもなあ。
(まあ、7話辺りの絵柄とは違和感あんましなさそうだからいいか)
ライトになったやね、随分と(当社比)。
あんまし「薄く」なりすぎんのもイヤなんで、ここらが限界かな。
面じゃなくて線で描く方だから、ライン自体にボリューム持たせたい
方なんですわ・・・「昔ながらのマンガ線」が好き。
Gペングイングイン。

週末(土日?・・・土曜、休めっかなあ・・・)も引き続き描きます。
早くUPして次のやつの続き描きたいな。
K8×インコネタもやりたいねえ(笑・ビョーキやな、もう・・・)

ああちくしおー、缶酎ハイ買ってくんの忘れたっ! なう。

こわいわ!!(あと少しお知らせ)

今日のGoogleのロゴ コワいわ!!

パッと見何事かと思ったっちゅうねん。
画家のジャクソン・ポロック風・・・らしいんやけど
Googleって読まれへんがな(笑)

◆お愛想カット---ここ数日描いたトビK。
k841-a.png
「元祖天才バカボン」ED風(クレジット無し)。
自分の中で夢のコラボ(笑)
ガキの頃、よくわからんのだが、このワンカットが
妙にお気に入りでした。なんか、病んでるな。
(物好きな人があったら壁紙にでもどーぞ・・・いらんて)

497c6170uqx7zM2d.png
顔のくまどり(?)について。
ドロワという、手ブロっぽいツールで描いたもの。

最近、パソで描く方が気楽なもんで、ラクガキってと
アナログよりMacのが増えたなあ。
CGは、私にとってはアナログで描くよりも「お遊び」感が
強いです。どうも“仕事”には出来んね。
(一時やってたけども、なんかなー)

コレで仕事しようと思ったら、まだまだスキルが足らんです。
くそーイラレの勉強もしたいなあ。

アナログマンガの方は地味~にながら進めております。
勢いづいたり止まったり。

# 思うところあって、もう前の連作分、順次全部
 上げてしまおうかと思ってます。
 合間合間なんで、ドバっとはいきませんが。
 (先に上げてあるのは、HPの方へ纏めます。
 特設ページでも設けたりとか、段々やりますわ)

 ↑HPのまとめページはぼちぼち作業開始。

 んで新作の方を徐に・・・(笑)
 やぁっぱ、間に挟むの無理があるわ、うん。
 ってホンマ無計画。こゆとこちっとも変わらん。

 ・・・シゴトでやってたとか、我ながら信じられん・・・

アンドゥ

smile.jpg
●ボールペン

・・・K8に愛想笑いをさせようと思ったけどダメだった。
こいつの「笑顔」を考えてないわ(笑)
そもそも、ゲラゲラ笑うようなキャラじゃないのよコイツ。
にこりともしねえ。

ええと、ホンマにいろいろすんませんm(_ _;)m
また間持たせに1ページ小咄でもやりますわ・・・近々。
(マンガの方は、既に上げたものにあわせて24枚の予定。
気が乗れば冒頭は色にしようかな)

無理ーっ

tk-tega.png
楽しいけど疲れる。手書きブログにて。
なんかね、こーゆう構図が好きなんすよ。
ワタシのマンガ知ってる人は、この手の似非魚眼風遠近絵が
多いの気付いてる人もあるかもしんない(笑)

自分結構、メカ好きなんだなー・・・て描きながらなんか思ったわ。
感じ感じで描いてるだけなんで、突っ込みどころ満載なんやろけど。
こう、機構的な回路図みたいな模様?とか、すっげえ好き。

そりゃそうと手ブロ見てると、細っかい本気モードの
マンガ描いてる人もいっぱいおるんやけど、
ソレ無理ーーーーーーーッ!!(T▽T)
単純な線のイラストっぽい絵でもアホみたいに時間食うのに・・・
拡大しまくって描いてるんかなあ・・・
なんか、すごいです。

凝り性な人ってホンマすごいからね。