お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

17.08.09

2017.8.6

2017

unnamed.jpg
あけおめでした^^
元旦から年賀状色ぬり...^^;

年賀状遅刻予定

かいぬしー

毎年すんません しかしまあ、待ちに待ったw酉年やからねえ。

MacもAdobeも新しくなったが。
予算の都合で続投している...........
......プリンタちゃんがちゃんとインク出してくれるかどーか^^;
(インクはこないだ仕入れたが。なんせ本体は年季入っとるけん)

忌むべき生き物を死に追いやる「死に芸術」

始めにお断りとして…
これは、あくまで個人の意見というか、愚考するところです。
久しぶりに長なる。

10月の土曜を含めた連休中、TwitterのTLに
ある芸術祭の中の展示の一つについて、不安と不快感を抱いた方のツイートが
RTとして流れて来まして。
イベント事に疎い私は知らなかったのですが、
なんでも生きた飼い鳥を使ったアート展示があり、そこでの小鳥たちが
危険な状況で放されていると。
明らかに体調が悪く見える子(鳥と暮らす人なら一目でわかる)、
ヒトなら「不浄」と感じるところへ餌を設置、ばら蒔いてあり、
非常に心が傷むような展示など。
実際に見てきて、胸の潰れる思いと怒りを覚えた方のブログや、
件の芸術祭の公式、そしてそのアートを施した作家のプロフィールなどを
リンク先から見に行って、これは…と眉をひそめ。以後動向を
「間接的に」見ておりました。会期は、今月23日まで。

そのRTの中にあった、「見学者」の方はすぐに「行動」に移り、
芸術祭の事務局に意見、交渉、ブログ読者への働きかけ、
問題提起…と頭の下がる働きをされた結果、公式の方も、対応
どうにか小鳥たちの状況は改善されたようです。

ホンマによかった…
けど、この芸術祭と小鳥たちの展示は、8月からやっていたそうで、
始める前に、「鳥の」専門家の監修でも入っていれば…と悔やまれます。
もっと鳥たちにとって快適な状況で展示されたか、中止にもなった?
かも知れず。

個人的にはこれは「中止にして欲しかった」。

…というのは。

2016.08.09

あの世誕生日


水木しげる先生
あの世誕生日おめでとうございます
のんびりしはってください(´ω`)

2015裏紙TK8
カレンダーのうら。