お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

ファンキー神社とソウルフル寺 山のお祭り

7月10日、この記事で書いた、御山に登って来ました。
…山登りってより、お祭りに参加して来たわけですけども。
役小角が開いた、山岳信仰の神社です。

9日の朝から車で出発。5時間くらいで愛媛県西条市に到着。
「石鎚神社・本社」で安全祈願の祝詞を上げてもらいまして。
この祝詞が、ちょっと変わってるというか、激しい祝詞で、
同行の女性社長Kさんと「ファンキーやったね!!」と興奮しました。

初めはホーミー(モンゴルのアレ)みたいな節回しで、それだけでも
変わってるなと思ったんやけど、アップテンポの太鼓とほら貝で
段々盛り上がって来て、超早口のラップみたいになってきて、ノリノリ。
なんかマサイ族の祭りみたいな(いやマサイ族の祭りは出た事ないけど)。
これのCDがあったら、うち一日中聞いてると思う。

そのあと、「極楽寺」という石鎚山真言宗の総本山に移動。
今度は、護摩をあげてもらいまして、こっちでは真言と般若心経を三巻。
この般若心経がまた烈しくて。
「こっちはソウルフルやったね!!」とまた先程のKさんと興奮してました。
そこからは、ロープウェイとリフトを乗り継いで移動。
788903356.jpg
なかなかの眺めですね。
で、「石鎚神社・成就社」到着、また祝詞と般若心経です。
御神像拝戴(ごしんぞうはいたい)というのをやってくださいます。
これがご利益があるわけですわ。
普通、御神像て奥においてあって、御開帳しても見るだけなんやけど、
ここは出して来て背中にガッと押し付けてくれるんですね。
(※これは滝の教会でもやってくれますが、本店のやつやからね)

ほんで、宮司さんのお話があって。
「まあ酒でも呑んで、楽しくお過ごし下さい。お祭りですからヽ(・∀・)ノ
 でも飲み過ぎたら御山に登るのがしんどくなりますから、ほどほどに☆-(´>ω・`)b」

呑んでいいの!? やったあ!! みたいなw
ファンキーな上にお茶目ときている。

泊まりは、成就社境内にある旅館でした。
二回ほど行った、広島県福山にある、石鎚神社の「蔵王教会」さん達の
チームで登るので、ミーティングがあったりしました。
そのあと呑み倒して、満点の星空を見て、寝ました。
そして翌朝、いよいよ登るわけです。
789023445.jpg
明け方の成就社。
出発は二手に分かれ(所属チームは総勢120名ほど)、私は「体力に自信ないチーム」に
入れてもらい(2、30人くらいかな)、朝5時半から登り始め、
「ファイト一発チーム」は6時の出発。
ハンデは30分。

嵐のお山開き大祭2014

まずは、こちらのニュースをご覧ください。
風雨の中、ご神像戻る 石鎚山「お山開き」終了 愛媛
10477900_271786956342690_6392095729761400640_n.jpg
…というわけで。今年も行って来ましたが、そらもう大嵐で。
加えて、私自身は残念ながら、月の障りで、登拝を断念。
しかし、もう一人私と同事情の女性をのぞく、仲間はみんな
暴風雨の中を、石鎚山頂上へ。
DCIM0259.jpg
「上り」と書かれたところに2枚張り紙がありますが、下の紙には
「台風8号が近づいております。気を付けてください」など書いてあります。

もちろん無事、皆さん御神像三体をお社に連れて帰って来ました!
私も行きたかったなあ…
山の神さんは特に、血の穢れというのを嫌うと聞きます。
それもあって遠慮したんですが、よりによってこの日がピークとか、
残念至極。
それでも、今年も御神像を背負わせてもらったんですが、
正直ヒヤヒヤしたものですた。畏れ多くて。

(母からはよく、「女は月の障りの時は、神社の鳥居もくぐったらあかん」
と聞かされてきたんで、初詣のときも、ソレな場合は、ずっと端っこを
歩いております…)

因みに去年はピーカンでした。

石鎚山来てます


御鎖も登りましたよ。古くは役行者さんがかけた鎖です。
いい天気になってよかった、夏山登れんかった
遺恨がはらせた(´ー`)ノ

石鎚山 登拝2014.09.20〜21

てんぐで

さて、先週末、念願の石鎚山頂上へ、登拝してまいりました。
先月のブログに書いたとおり、今年の夏山大祭では、所謂月のものが
かち合ってしまい(しかもピーク)、台風よりもそっちで頂上登拝を
断念したのですが、よくお邪魔している福山蔵王教会(滝のあるとこ)の
教会長さんが、頂上勤務のお当番をされていて、それに合わせて
登拝のチャンスがあり、便乗させていただいたのでした。

今回は、お鎖(石鎚山 鎖場)も、
天狗岳(西日本イチ高い1982m)も挑戦(上のらくがき)。
大層堪能してまいりました。
天狗岳遠望

泊まりも今回、頂上山荘(´∀`*)
天気予報では、あまし天気よくないゆうてたんですが、段々回復。
夜は星を見られて朝は御来光を拝めました。
20日の頂上は冬のはじまりのような寒さで、長袖もっててよかったです。
何度か書いてますが、山岳信仰のお山なので、神社のお社があり、
夕方5時からは夕拝、朝6時からは朝拝があります。
朝拝では、例の御神像に触らせてもらえます。
御神像は三種の神器をそれぞれ持った三体で、持物に触ります。

生駒山をみっつ重ねた高さの御山に登れたというのは、
我ながらおどろきますね…体力60歳代ですもん(笑)
因みに石鎚山登るときは、コレ履いてます。
エアージョグ
なんか、普通の靴より楽ですね。鎖や天狗岳にも、もってこいです。
天狗岳では、足のひっかかりの少ないとこへ回ってしまい、
上のラクガキみたいな状態で焦ったんですが、これが普通の靴なら
滑ってましたね…
岩のピークを伝ってった方が、動きやすかったです(帰りはそうした)。
もろに下が見えて、高所恐怖症にはかなり厳しい眺め。
私はナントカと煙は…のナントカの方なんで、それはあんまし
苦にならんですが、それでも気味が悪いですよ、爽快な反面。

「前は神さま うしろは仏」って石鎚山の御詠歌があるんですが、
そのフレーズを肌身で感じた事でした。

来年の夏も、登拝の予定。これ行けたら、ついに先達(笑)

御山行ってました

夏山2015
今年は頂上まで行ったよ〜
やっぱ頂上登拝してなんぼですわ。

かいだんんん
石鎚山には表参道、裏参道があって、お祭りのときは当然、
表参道(石鎚神社・中宮成就社からの登山道)から登拝になるわけっすが
とにかく階段。階段。急勾配の階段が目白押しで、
何度かめげそうになるですよ。
「夜明かし峠」という開けたところで半分くらいですかね。
そこからちょっと行ったら、鎖場三カ所(試しの鎖というのも入れると4カ所
やが、祭り中は登れないとのこと)があります。

3の鎖
写真は、「三の鎖」というので、68mあるです。
ほぼ、垂直ですな…下から見たら、登ってる人の尻しか見えないぜ。

「二の鎖」が65m、「一の鎖」が33m。一から順に登って、
三を登れば頂上到着です。
今年はこれを全部、「ナンマイダナンマイダ」言いもって登らしてもらいました。
(こういうかけ声なんですよ)

まあ、えらいのはえらいんですけど、自分は高いとこ大好きで、
手も使える(笑)から、迂回路の「カイダンンン」を登るより、断然こっちです。
落ちたら死ぬなと思ったら、気合いも入るしね(´∀`*)

因みに裏参道というのは、「土小屋遥拝殿」というとこがあって、
そこからの登山道になるです。
そっちからのが距離は長いんですが、なだらかで、ちょっとハイキング的に
登れるかと思います。
(ただ、土小屋からだと、「一の鎖」は登れませんが)

2016 石鎚山のお祭り

2013年から混ぜてもらっております、石鎚山の「お山開き大祭」
(毎年7月1日〜10日までで、10日のお下り神事の方に行きます)
今年は4回目の参加になりました。
実は申請すれば、「先達札」も出してもらえますw

しかしそこは堅物(?チキンなだけか)なヱビスヤ、まだまだ先達というには
及ばんので、今回も見合わせて。普通以下の体力でぼちぼち登っておりました。
(山開き大祭で登ったら、山着に記念のハンコを押してもらえるのですが、
今年は日曜で人が多く、スケジュール押してましたので、慌てとって
ハンコは押してもらうの忘れましたw)
1年分、まとめて運動してきた感じ。

今年は日頃の運動不足がモロにでた形で、下りかけてすぐに
膝が曲がんなくなりw、たいそう難儀しておりました。

石鎚山は、鎖場が有名で、初参加時は回避して巻き道を行きましたが、
2回目からは鎖で上がっております(下りは私、巻き道ですが※)
さすがに3回あがると、大体どの辺がどうとわかってくるようで、
中間点の夜明し峠を過ぎると、あと少しよと、ホッとする程度には
なりましたね。プチ先達ですね。

参道めも
雑な図解w 
以下、鎖場の私的紹介・・・
一の鎖

★ 一の鎖 33m
  下からパッと見、短く、見えます。
  だまされてはイケマセン、開けたところまで登ってふと
  右を見れば、「うわっ まだあんのかい」
  斜面はまだなだらかな方で、中くらいより小さめの岩場を
  鎖につかまりつつ登ります。

二の鎖

★ 二の鎖 65m
  私はこの鎖場が一番難しいです。岩の1個1個がでかく、
  一部、どこへ足をかけようか迷うところも。岩トゥルントゥルンやし。
  この日は小雨もパラつき、もう全身で登らんと滑落しますね。
  ここは鎖のところどころに、トライアングルみたいな三角のが
  あるので、そこに足をかけて登れます。

三の鎖

★ 三の鎖 68m
  傾斜は一番きついかも。
  振り返ると高所恐怖症の人は動けなくなるかもしれない絶景。
  ごっつい鎖がかかってて、鎖の輪っかにつま先を入れて登ります。
  (登山靴は入んないと思いますが...)

鎖登り

三の鎖が一番好きやけど、ここ登るころには体力は限界に来ていますので
キッツイのナンノ...
いやそんでも御山はいいですね、しんどいけど、いいです。

なんかね、珍百景で「No.755 大自然で苦労する神社」
と紹介されたり、マツコ&有吉の怒り新党では
「新三大 素人にはオススメできない神社」
の一つに数えられたりしてますがw

夏のお山開き大祭では、“活きた祭”が見られますのでオススメです。
素人ゆうか、体力年齢70歳代の私が登ってますから。
一般信者、地元民は80歳くらいのじいちゃんばあちゃんも
頂上社までいく人がありますから。全然大丈夫(*´∀`)ノシ
(ちなみに、怒り新党で紹介された時は冬だったみたいなんですが、
石鎚山頂上社は11月3日ごろには「閉門祭」と言って、門は閉じられるのです。
確かに冬山登山のプロクラスでないと無理な状態になりますから...
5月に「開門祭」があって、頂上社の山門が開かれます)
石鎚神社奥の宮|頂上社
 ここのトップ画像、日本昔ばなしにあるような絵ですよね。