FC2ブログ

お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

寅になるんや(1)

信貴山1
写真コラ : 雨上がり決死ハイキング編。道悪い悪い。重馬場。
高安山
即興ラフ。こんな感じ。

ま、とりあえず鶯の声でもお楽しみください(´∀`*)

寅になるんや(2)

uy69h-20090328211537.jpg
前回のアラスジ(信貴山の行き方)◆

近鉄大阪線で、河内山本駅に行きました。
そこから、信貴山線に乗り換えて、信貴山口駅へ行きました。
あくまで信貴山口で、名前には信貴山口とありますが、
ケーブルカーの終点は「高安山」だったりします。
信貴山は、それよりもうちょい先というか、上なのですが。
駅から出て、駅前売店でお茶を買い、
「(ケーブルカーの方を指して)コレ、歩いて上まで登ったら
どのくらいかかりますかね」と尋ねると
「一時間半くらいかなあ」との答えなので、そんなら私の足では
二時間強はかかるな、そのくらいなら時間あるだろと
徒歩で高安山をハイキング、楽しくてエラい目にあったのでした。

前回は、その高安山の駅まで歩って行って、バスに乗ることにしたわけです。

今回はいよいよ信貴山巡りです。全部ではないですが。
さしたる意味もなく、古写真風でお送り致します。
間違いなく、明治21年 3月21日の撮影です。

オン アラタンノウ サンバイ ハタラケ

m_201001021508494b3ee2f1bbf9b.jpeg

信貴山に、一人でぶらっと初詣に行きました。 突発w
えんらい人。

初詣と初日の出

携帯からの仮記事でお茶を濁しておりましたが、
本記事まいります。

2013010106060001.jpg

年明けは、初詣と初日の出を兼ねて、大好きな
寺アミューズメント・信貴山朝護孫子寺へ行って来ました。

時刻表をチェックして、朝5時すぎ家を出て、6時ごろ到着。
辺りはまだごらんの通り、真っ暗です。

ホンマは、3時過ぎに出るつもりが、二度寝をしてしまいましてね…(笑)
寅年に行った時に、めちゃ混みやったんで、心配で。
でも、杞憂でした。どうやら、混むのは寅年だけみたいです^^;

滝行してきました(滝には当たらんが)

滝行1
まあその…コレ人に云うとね、
「怪しい」とか
「一体どないしたんや!!」とか、大分訝しがられる話なんですが、
別にそう、オカシクなったわけではないので…(汗)

ガキの頃から、滝行には憧れておったですが、
カイシャのボスとそのご友人がパワスポ系というか、
不思議ゾーンとか、そゆのお好きで誘っていただいてて。
こちらは古くからある修験道の一つなんですが、
とうとう4月の二週目、連れてってもらいました。

…けっこう、まだ寒くて冷たかったですが、ハマりますね…
てんで、5月も行って来ますw
毎月第二週目の日曜が滝の日らしいです。

先生は滝の所まで泳いでって滝に打たれるんですが、
あの滝壺が水深6〜8m程度あって、けっこうデカイ滝でもあるので、
大抵は先生だけが打たれに行くようです。
(…滝の機嫌がいい?時は、参加者も行っていいみたいですが
この日は行こうとした人が止められてましたね)

男子は褌、女子は白い道着を来て入ります。
割と深いです。

7月は、愛媛にあるここの本山へ登りに行く予定…
自分より、留守番のインコのが心配なんですが^^;
(船中二泊、真夏だからなー…)

あさゆうに かみのーみまえにみそぎーしてー

769170055.jpg
今月も滝行って来ました。

月並祭なので、毎月あるのです。
サーンゲサンゲ ロッコンショージョ(散華散華 六根清浄)
言いながら山ん中入ってって、滝の前で
「鳥船(トリフネ)」というのを歌いながら、船を漕ぐような
動きをします。準備体操も兼ねてるようです。
歌は3番まであるようです。
[1番]朝夕に 神の御前にみそぎして すめらが御代に 仕えまつらん
[2番]遠つ神 固めおさめし大八島 天地共に 永久に栄えん
[3番]天津神 国津神達みそなわせ 思いたけびて 我がなす業を
これは余所のですが、こんなんです。1:10くらいから歌。
もうちょいテンポは速いな…

んで、合間合間に「ハラエドノオオカミ」て唱えながら、
丹田の前で気合いを込めて、神様の名前を大声で呼ばわって入るという次第。
(塩とお神酒で清めてから)

こないだは4月よりはまだ穏やかだったようで、先生たちは
滝まで泳いで行ってました。
ワシも行きたかったな…でも泳ぎには自信がないので
今回は遠慮しました。
入ってすぐに立ち位置間違って深いとこへ流されかけて
足が立たず、あわてて平泳ぎして足の立つとこに戻りました。
まだ少しなら泳げたから(この20年は泳いでいない)、
ちょっとびっくり…
さすがに毎月は行かれないけど、折りを見てまた行きたい。

なんか、ワシは滝の後、風呂上がりみたいな顔してるらしいです…
(初回からそんなで、すでに何度も行ってる先生やボスから
すごいねえ言われたが、11月から2月とか真冬にずっと入ってる、
アナタ方のがとんでもないですぜ…)

行ってる道場(教会)は、年中通して滝行してて、そんな年中あんな
滝壺入る(修験道の道場)は、あんまりないそうです。
今月も、朝は若干冷え込んでました。
769091285.jpg
朝は霧が出て不思議なカンジでしたわ。

…なんか今年ホンマに変な春やった。

ファンキー神社とソウルフル寺 山のお祭り

7月10日、この記事で書いた、御山に登って来ました。
…山登りってより、お祭りに参加して来たわけですけども。
役小角が開いた、山岳信仰の神社です。

9日の朝から車で出発。5時間くらいで愛媛県西条市に到着。
「石鎚神社・本社」で安全祈願の祝詞を上げてもらいまして。
この祝詞が、ちょっと変わってるというか、激しい祝詞で、
同行の女性社長Kさんと「ファンキーやったね!!」と興奮しました。

初めはホーミー(モンゴルのアレ)みたいな節回しで、それだけでも
変わってるなと思ったんやけど、アップテンポの太鼓とほら貝で
段々盛り上がって来て、超早口のラップみたいになってきて、ノリノリ。
なんかマサイ族の祭りみたいな(いやマサイ族の祭りは出た事ないけど)。
これのCDがあったら、うち一日中聞いてると思う。

そのあと、「極楽寺」という石鎚山真言宗の総本山に移動。
今度は、護摩をあげてもらいまして、こっちでは真言と般若心経を三巻。
この般若心経がまた烈しくて。
「こっちはソウルフルやったね!!」とまた先程のKさんと興奮してました。
そこからは、ロープウェイとリフトを乗り継いで移動。
788903356.jpg
なかなかの眺めですね。
で、「石鎚神社・成就社」到着、また祝詞と般若心経です。
御神像拝戴(ごしんぞうはいたい)というのをやってくださいます。
これがご利益があるわけですわ。
普通、御神像て奥においてあって、御開帳しても見るだけなんやけど、
ここは出して来て背中にガッと押し付けてくれるんですね。
(※これは滝の教会でもやってくれますが、本店のやつやからね)

ほんで、宮司さんのお話があって。
「まあ酒でも呑んで、楽しくお過ごし下さい。お祭りですからヽ(・∀・)ノ
 でも飲み過ぎたら御山に登るのがしんどくなりますから、ほどほどに☆-(´>ω・`)b」

呑んでいいの!? やったあ!! みたいなw
ファンキーな上にお茶目ときている。

泊まりは、成就社境内にある旅館でした。
二回ほど行った、広島県福山にある、石鎚神社の「蔵王教会」さん達の
チームで登るので、ミーティングがあったりしました。
そのあと呑み倒して、満点の星空を見て、寝ました。
そして翌朝、いよいよ登るわけです。
789023445.jpg
明け方の成就社。
出発は二手に分かれ(所属チームは総勢120名ほど)、私は「体力に自信ないチーム」に
入れてもらい(2、30人くらいかな)、朝5時半から登り始め、
「ファイト一発チーム」は6時の出発。
ハンデは30分。

今月は「滝行」でした

796716698.jpg
今月の滝。
この滝での禊行も3度目になりますが、今月は気候もよかったので、
滝の下まで泳いで「滝行」に挑戦しました。
1375711024935962.png

しぬかと思いましたが、どうにか耐えられました。
ボスは必死なワシの顔が、「インコみたいな顔になっとったで」と
ゆうてました。

素人が滝の下まで行っていいのは、多分8月、9月くらいだろうな。
秋から春は水が冷たくて身体が動かないから、
とうてい普通は無理やと思います。
(滝に近づくと、ドボンと急に深くなって足が立たなくなるです…)

★「泳ぐ」ということは、当然脇の下を開く事になるわけですが、
 脇の下から体温がドンドン奪われて、悪くすると低体温症を
 起こすわけです。アブナイです。ダメな日は、先生にも止められます。

まあ、体育会系パワースポットですね。
なんかどんどん変な人になっていくみたいですが、私は、普通の人です。
一応。別に霊感があるでなし、ちょーのーりょくがあるでなし。
山伏修行(?)にちょっと凝ってるだけで…

動画があがっております(去年の9月の模様)

今月の滝


今月は9月を飛ばしてひと月ぶりの滝行行ってきました。
前日の雨で増量サービス。
ザブザブでした。



音量注意。
9月のは豪雨の後だったので、この1.5倍猛烈だったようです。
メガネにしぶきが罹りまくって口の中もざぶざぶ水入って来て
もーたいへんでした。

今月の滝

820743132.jpg
おなじみになってまいりました、※月次祭・朝の禊行です。
11月やし、超寒いだろうと思ってましたが、
雨天ながら案外そこまで寒くなく。
行場へ向かう頃には雨は止んだですが、曇り空の中、例の鳥船をやって、
順に滝つぼの中へ。流石にこれはつべたかって、ヒヤアッ
となりましたが、直に身体の芯から熱くなりだして、
(脂肪が燃焼しよるんやな)と思いました。おかげで
ずっとポカポカ、清々しいやら気持ちいいやら…

でも、我々はもとよりこの日は先生も
「今日は危ないけぇ行ったらいけん」と滝の下まではいかれませんでした。

131110.jpg
同道者さんが撮ったのをLineでくれました。
こうしてみると、やっぱりデカイ滝です。

さて、冬場は流石に一晩エンタコさんを寒い部屋で留守番
させるのは心配なので、3月までおやすみさせて頂きます…
(1月はお祭りないそうなので、12月、2月がぬける感じ)
2月なんかは氷を踏み割って入るそうです。どんななんだろう…

※今更ですが、石鎚本教蔵王教会で毎月第ニ日曜に行われております。
 @広島県福山市(本山の石鎚山で夏山大祭がある7月はお休みです)

実は翌日になって。朝起きたら例によって鳥船筋肉痛(笑)もあったですが
ヒドツ(ヒドイ頭痛)で起き上がれず^^;
いちんち欠勤いたしました…こんなんなったのは初めてですね。