お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

ファイナル・アンサー?(感想追記)

1240141202981789.png

すっげえヨカッタ!
即攻サントラゲット(笑)
エンディングがカッコ良過ぎて恍惚となったわ(´∀`*)
封切り翌日観に行くって、私としては珍しいんやけど、
前に朝のバラエティで紹介されてた映像見て、あんまし良さげ
だったから・・・これは観に行かなアカン映画やとまで思ったさ。

スクリーンの前で泣いたー。
「お兄ちゃーーーーーん!!」

ココネタバレかも知れないので隠す
(って大したことではないんやが)
・・・日本昔ばなしで、貧しい兄弟が出てくると、
大抵兄は破滅型で、弟は一途な堅実型なんやが、
そのフォーマット。


アカデミーがどうとかはどうでもいいんですが、
これはまあ、取るわ。
でも、万人にお勧め出来るかってえと、どうなのかしら。
割と、ところどころ描写がエグイです。
インドはキビシい国だ。そりゃあタフにもなるわな。

・・・もすこし詳しい?感想は後日。

SLUMDOG $ MILLIONAIRE Trailer
※私も激しく勘違いしてたwが、イギリス映画だそうです。
 あのEDはまごうことなきインド映画でしたが(笑)
 音楽、「ムトゥ」の人やし。

感想追記しましたが、バリバリのネタバレなんで
お気をつけあそばして。

スタートレック

202.png
いやさ、もっとマシなシーンあるやろ。
そんなの関係ねえ!

てなわけで、「スタートレック」観ましたです。
“新生”。※リンク・現地版サイト。

オリジナルシリーズには実は疎い(TNGから入ったクチ)んですが、
ある意味オリジナルシリーズのキャラクター「だから」、
あの強引(!)な、激しい展開もハマったんじゃないかと愚考。

また、「ご新規開拓」なら、変にDS9やVOY、ENT
(これらには劇場版がない)でやるよりは、いっそ
オリジナルシリーズで・・・というのもアタリだろうと。

んで、オリジナルに対する敬意も感じたなあ・・・
ツボもウマく突いてるんじゃないかと思いますw

・・・アーチャーの愛犬がかわいそうです
(絵はないんですが・笑)。

以下、感想。若干ネタバレありです。注意。

「怖いマンガ  そこ」

女房

劇場版の「ゲゲゲの女房」観て来ました。やっと関西に来たので。
それもまた、ウチから近いとこではナンバかウメダでしか
やってないという不便さ(笑)

ミニシアターみたいな地味な映画館で、ボーッと観るのに
最適だったのにな。
ドラマが右肩上がりの大当たりしたから、それで割り食っちゃうねこれ。
かなりね。

以下 ポイントみたいなところ。

*平坦です。
*不親切です。
*カタルシスなんてないです。
*笑わないです、泣かないです、喋んないです。
*「昭和30年代」を前面に押し出してるわけでもないです。
*リアクションないけど「おばけ」がいます。


それでも良ければ観に行って(笑)
これだけ売れない要素並べた不親切映画は久しぶりに見た。
好きだわー
こっから下、ネタバレです。
観に行く気ない人、ネタバレ平気な人、観に行くつもりやが
心配だから予習しといた方いいかしらと思う人はどうぞ。
しげる
あ、しげるさんは笑います。
ニンゲンてこーゆう時も笑うんだな。どーしたらいいかわかんない、
どう話せばいいかわかんない、フハーと漏れるような不器用なニンゲンの笑い。
ウワハハハ・・・

カツを勝手に省かれたカツカレーを観て来ました(1)

ちてぃさん
誰も私を破壊出来んよ。(日本の配給会社にはショートサーキットされたがな)

■ロボット(Endhiranィエンディラン:インド2010)
  を見て来ました


10ン年振りですか、インド映画が日本に来て、観に行ったのは。
(※「スラムドッグ$ミリオネア」はイギリス映画)
1999年、「ムトゥ」のリバイバル上映でインド映画
…マサラムービーにハマり、以来、機会があれば
出来る限り観に行ったもんです。
オールナイトにも行ったっけ。

K8でこんなシーンが出てくるのも、全くマサラのリスペクトです。
※↓1999年版。まあ長いこと描いてるよなこれw
K8_1999.jpg

まあまあようするに大好きなわけで、公開初日は出勤日で
観に行かれなかったですが日本公開が決まって楽しみにして
おったのですよ。ところが。
twitterのTLで、観に行かれた方の感想が流れて来て、
「(前略)意外に長いと思ったら139分もあった。」との
ことだったので、すかさず「180分ないんですか!?」と
@を飛ばしたら、
日本用に短く編集してあるらしいとのこと。

しばいたろかと思いました。

躊躇しましたね、観に行くの。
おそらく、商売上DVDはフルバージョンになるだろうから
それを待とうか、とも。
でも、私はそれをガマン出来なかった。
折り悪く風邪引いて体調もかんばしくなかったものの、
やっぱり大スクリーンでラジニ様観たいやん、という
欲望には抗えず。

あ、そうそう先に書いときます。
一応、6月1日(金)から、順次フルバージョンの公開が決まってます。
これも、売り切れ商法みたいなやり方にムカついてるんですが。

…長丁場になりますので、インターミッション入れます(笑)
後半はまた次回。(すんません眠たいです)

カツを勝手に省かれたカツカレーを観て来ました(2)

ねらねら
サングラス取ると、目がかわいいんですよ。

てなわけで、休憩あけです。

以下感想つーか所感など書きますが、
ちょっとキレ気味なので、あんましいいこと書かない
かもしんないので、読むのおススメいたしませんです。

あと、私、去年観に行った映画が
仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダルと
ファイナルデスティネーション5(飛び出す死亡事故)
だけだった
と言う程度の映画好きなので、言う事が一般的ではなく、
なんら参考(?)にはなりませんので悪しからず…

ネタバレ要素もあるので、それでもよろしければどうぞ…

うめだこわい 〜「ラ・ワン」観て来ました〜

657026134.jpg
なんですかこの近未来。
657025341.jpg
先週から、2回、梅田に行きました。
インドSF 「Ra.One」を観るためです。
しかし、私、殊の外「梅田嫌い」で…以前から何度か、
ヒドイ方向音痴である話を書いておりましたが、梅田駅周辺ほど
方向音痴泣かせな街はなかなかない。
シゴトでもちょくちょくそちら方面行く事が増えましたが、
おかげで「駅の周りだけが異次元空間」になってることが
よくわかりましたよ。
JR大阪や、阪神・阪急、地下鉄御堂筋線梅田、同四つ橋線西梅田、
谷町線東梅田が織りなすあのステーションダンジョン
近づかなければまあまあそんな遭難するほど
迷子にはならないですむようです。

それのおかげで、先週は写真の場所(梅田ナントカビル)へ
行くのに道間違って、映画の冒頭10分ほど見逃して
タイトルが出るとこ観られず悔しい思いをしたので、
今週は早めに出て、やっと全部観る事ができました。

つーわけで、「ラ・ワン」ざっくり感想。
(ネタバレ要素あり。注意)

スター・トレック イントゥ・ダークネス

先行上映があるってんで、観てまいりました。

結論から言うと、私は楽しめました。
Twitterでもゆったですが、
船の見せ方(エンタープライズ号のカッコイイことカッコイイこと…)、
キャラの回し方(ココ失敗すると「スタートレック」の魅力が半減以下)、
役者の演技、脚本(最高が◎としたら、○と△の間くらい)、
構成、演出、ほぼ文句なし…

「ほぼ」ってのは、一部に不満?はあるものの、
総じて、「映画館で観ないと勿体ない作品」になっております。
個人的に3Dが好きでないから2Dで観ましたが、
「3Dのために嬉しがって取って付けたような効果の使い方」
にはなってなくて好感が持てました。
(2Dで観ても充分面白い)

以下は、ちょっと気になったところなど。
ネタバレ注意かも。