FC2ブログ

お暇を頂いております。

たまに更新しますよ。

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

ゴジュ

DtV5v0JVsAUjELk.jpeg
微妙に、左肩が痛いようなそうでもないような。

らくがきは、ゴジュウカラという鳥。
スズメ目ゴジュウカラ科、シジュウカラ科ではないけど
混群のメンツでもあり、野鳥の本ではお隣で紹介されていることが多い。
そして、載っている写真は大抵木の幹でアタマを下にして縦に止まって
イナバウアーです。
アタマ下にして木降りて来れるのはこのコだけ。

五十肩と一字違い。

山雀組

Drsidn_UUAIoPUW.jpg
オーストンヤマガラ。
伊豆諸島・三宅島などにだけいる、ヤマガラ亜種。

なんでもこれに似た体色のヤマガラが奈良県に出ているらしく、
地味に?騒ぎになっているようです。
UPされている写真を見るに、オーストンではないように思いますが。
白変種みたいな、突然変異かな。
愛知県ではシジュウカラの白変種がいたようです...て今も健在なのかな。

年賀状の件

今年は、エンタコさんをお見送りしたので、
気分的に喪中にしようと思っております。

なので、寒中見舞いをUPする予定です。
戌年のが、「平成最後の」年賀状というのになりましたね^^;

DCIM0397.jpg
ありし日の。

モハ兵衛

10_14_1.jpeg

今のiMacに買い換えて早3年ちょい(もうすぐ4年目)。

またその時のOS 「El Capitan」のままで10年ほどがんばるかと
思っておったのですが、せっかく入れてあるアドビが
バージョンアップしたかったらOSをSierra以上にしてねとか
ぬかしやがるんで、やむなくSierraもHigh Sierraもすっ飛ばして
Mojave(モハ兵衛 モハべ・モハーヴェ)になりました。

壁紙は拾い物画像のヤマガラちゃんです。
可愛すぎてきゅんきゅんや。

シジュウカラ科をフォトショで増やす遊び

シジュウカラ絵181007
始め、手ブロでシジュウカラの線画ラクガキをしてたんですが、
つい、そのまま塗ってしまい。

シジュウカラとヒガラ
その後、シジュウカラに似ているヒガラ(左下の二頭身鳥w)も
描こうとPhotoshopで保存したのを開き、シジュウカラを
コピー&縮小(ヒガラはシジュウカラ科で一番小さい)、
「色相と彩度」メニューで色を変え、ちょっと描き足して出来上がり。

カラ類4種
そうなると、日本にいるシジュウカラ科のあと2種、
コガラとヤマガラもいるやろと、シジュウカラ&ヒガラを
反転コピー、右下のコガラ。この子のサイズは
シジュウカラ>コガラ>ヒガラ なので、反転コピーのヒガラを
少しだけ拡大して、模様塗り変えして変更。
ヤマガラは、シジュウカラとあんましサイズは変わらんが、
色味が違うので、また「色相と彩度」で色変えてから
塗り塗り模様替え。4種類できましたー。

うーんフォトショ便利やーと、一人悦に入っております。
シジュウカラ科(カラ類)は、一種類描いたらフォトショでちょっと
加工するだけでその仲間を描けるくらい似てますよーって
ゆう話です(えー)

シジュウカラ科は図鑑なんかでは大体「見分け方」として
正面の絵を並べてありますが。
私は鳥の後頭部好きなのでしたw
まあどっからでも好きですが。

シジュウカラ科ではないけど、「カラ類」って検索したら
大抵一緒に出てくる、ゴジュウカラ科のゴジュウカラは、
ヤマガラをいじったら描きやすいかな。
でも、ゴジュウカラは木の幹に逆に止まらせ、
イナバウアーにしないとゴジュウカラらしくないね。

また台風

台風24号そなえ
こないだの201821号上陸はえらいことでした。
幸い、もう奇跡的にうちのボロ屋は生き延びたんですが。
また来るやないですか。
というわけで、前回時、剥がれそうになってた壁の穴補強の
板に、布ガムテを貼り直しておりました。
(今回父が仕事で不在だったので...)
けっこう高い場所でタッパが足らんので、折りたたみ脚立を
開いた状態で登り、上半身を全部出さんと届かず、やや反り気味に。
まあまあ怖かったですよ。ほぼ垂直はやばい。
掴まれるところなんもないしw

ほんま、大難を小難に、小難を無難に願います。

エンタコさん水彩

49nichi180924L.jpg
※白飛びしたとこのみフォトショで補正

鳥バード

エンタコさんとお別れして四十九日が経ち、
またしばらくインコとの暮らしはできそうにないので、
ご近所野鳥に目を細めています。野鳥を見つけたら、細めないで
目を皿のようにして凝視するわけですが
(双眼鏡なんてものは持っていない。ハヅキルーペより双眼鏡がよい)。

最近買った下記の本がむちゃくちゃ面白かった。
右ページがマツダユカさんの4コマ漫画で、左ページは鳥類学者
川上和人さんのバード解説。その辺の鳥なんか眼中にない人には
特に読んでほしいです。
そして鳥を目を皿のようにして見なさい。見てください。

ナショジオの記事でも読んだけど、シジュウカラにも
パリピタイプと、陰キャタイプとあるんですってよ(´Д`*)
陰キャシジュウカラカポーは、あまり人気のない、変わったとこに
巣を作りがちなんですって、そんなん共感するやん。



※↑書影クリックしたらアマゾンへ飛びますツピツピ。念のため。
シジウカラ筆

四十九日

49nichi.jpeg
今週水曜 2018 9 19 四十九日でした(´ω`)

大人になっていくシジュウカラ

shijyu-hina-otona完成
シジュウカラのヒナは成鳥の羽毛に近づくにつれ、
もみあげ(?)とネクタイがつながるという話をしたかったんや・・・

ヒナの間は、ぱっと見シジュウカラなんかヤマガラなんか
わかりにくいですね。
(シジュウカラとヤマガラは体長があまり変わらんし。
柄が似てるヒガラはもっと小さい)